忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高い


検索エンジンから高い評価をもらえるWEBページというのは、記事の量が多くて更新頻度の高いWEBサイトです。それをカバーしてくれるのがブログサービスなのです。ブログであれば、毎日ではないとしても、結構高い頻度で更新できるはずです^^。今日はこんなことがあった、これを食べた、仕事で嫌なことがあった、こんなにいいことがあったなど、ほんのちょっとした出来事でも、ブログサービスを利用している人たちは書いています。ブログサービスやアフィリエイトに慣れるために最初はこれでもいいのですが、慣れてきたらやり方を変えて見ましょう。日常のことはブログ、アフィリエイト専用のブログと分けて運営するようにします。ブログにはその日あったことをツラツラ書けばいいのですが、アフィリエイト専用ブログはアフィリエイトだけで運営するようにします。アフィリエイトだけでなく、たまには日常のことも書きたくなることも人間なのであると思いますので^^。

検索エンジン上位表示
Yahoo SEO対策

情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる

不用品の出張買取専門業者のホムペ、松山市
出張買取松山
洗濯機買取 松山

「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
PR


うちのメインブログはいまだにアクセスゼロです。そして、アクセスゼロに伴い、アフィリエイトポイントも激減です・・・。かなり影響があります。悪影響の方です・・・(涙)。今月は10,000ポイント行かないでしょう。仕方のないことですが。仕方がないので、サテライトサイトに頼るしかないですな。サテライトサイトは一つの物に特化しているので、比較的検索エンジンからの評価は高いですから、このサテライトサイトに頼るしかないです(涙)。サテライトサイトも改善していく必要がありそうです。既存のサテライトサイトは、どうやら配置が問題になっていて、SEOの視点から見るとかなりのマイナスになっているようなのです。同僚にサテライトサイトをチェックしてもらって判明しました・・・。ブログサービスの配置もSEOに関係してい来るとは思っても見ませんでしたよ・・・^^;。更新し続ければ、いずれランキングは上がってくるものだと、ランキングの事ばかり考えていました^^;。

インターネット広告代理店
SEO対策 キーワード

現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化

「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル

配置


ブログサービスでアフィリエイトサイトを運営する場合、一番最初に決めるブログデザインで、配置を変更することができます。この時の各項目の配置は非常に重要になってきます。検索エンジンのクローラーがどのように動くかを知る必要があります。クローラーがWEBページ内をどのように動いてい情報を収集するか。クローラーがどの項目から最初に巡回するか。なぜクローラーの動きが非常に重要かというと、最初に訪問した項目で、そのWEBページに何が書かれているか、おおよその内容を推測します。後ろに行けばいくほど検索エンジンのクローラーからしてみればどうでもいい内容だと判断します。ですから、重要な事、みんなに知ってもらいたいということは前の方に記載しておくようにします。前の方に記載しておくことにより、検索エンジンのクローラーに重要な事だと認識させることができますし、訪問者の立場に立ってみても、初めの方に重要な事が書いてあると必ず読んでもらえます^^。

ブログ SEO対策
SEM対策

URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し

URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
「被リンク設置の時間分散」と「数」で参入障壁を築く。SEOへの参戦遅れるほど上位表示コスト上がる
SEOスコアに占めるリンクスコアの割合は大変高い。リンクスコアに占めるリンクエイジスコアの割合は?
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意